野菜・フルーツジュースを栄養と効果で選ぶ簡単ジュースレシピ集です。 野菜&フルーツジュース
新鮮な野菜とフルーツには、天然のビタミンやミネラル、機能性栄養成分が豊富に含まれています。病気の予防効果や美容、ダイエットなどのサプリメント代わりに美味しくて健康的な野菜ジュースを手作りして健康維持に努めましょう♪ 市販のミキサーで作るおすすめの野菜ジュースレシピを紹介しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

フラボノイド/ミキサーで超簡単!人気の手作りジュースレシピ

フラボノイド類の健康情報とジュース素材情報
フラボノイド類の働きと効果
 ・抗酸化作用があり有害な活性酸素を除去する働き
・動脈硬化を予防する効果
・老化を遅らせる効果(アンチエイジング効果)
・LDL(悪玉)コレステロールの酸化を防止する効果
・癌(がん)の予防効果
フラボノイド類が不足すると
 ・報告されていない
フラボノイド類の過剰摂取による副作用
 ・報告されていない
フラボノイド類はこんな人におすすめ
 ・動脈硬化を予防・改善したい人
・老化現象を遅らせたい人
・癌(がん)を予防したい人
・コレステロール値を下げる必要のある人
・ストレスを解消したい人
・喫煙をする人
フラボノイド類を多く含む食材(野菜、果物、食品)
 ・主なフラボノイド類を多く含む野菜
《アビゲニン・フラボノイド》
パセリ、セロリ、ピーマン

《ルテオリン・フラボノイド》
紫蘇、春菊、セロリ、ピーマン

《ヘスペリジン・フラボノイド》
いちご、ぶどう、さくらんぼ、赤ワイン

《ルチン・フラボノイド》
そば、アスパラガス、レタス、ブロッコリー、パセリ、
たまねぎ

《ケンフェロール・フラボノイド》
ブロッコリー、たまねぎ、大根、ニラ、グレープフルーツ

《ダイゼイン・フラボノイド》
大豆、納豆、豆腐、味噌

《カテキン・フラボノイド》
緑茶、紅茶

《アントシアニン・フラボノイド》
ブルーベリー、ビルベリー、ぶどう、茄子の皮、赤紫蘇
紫芋、小豆

《カカオマス・フラボノイド》
カカオ

《クルクミン・フラボノイド》
うこん(ターメリック)

《ケルセチン・フラボノイド》
たまねぎ、ブロッコリー、ココア、トマト、リンゴの皮

《ショウガオール・フラボノイド》
生姜・ショウガ
フラボノイド類の上手な摂取方法
 ・フラボノイド類は体内に蓄積されないので、毎回、
食事のたびに摂取することが理想的です。野菜のア
クにもフラボノイド類が豊富に含まれているので過
度なアク抜きはせず、おいしく食べられる範囲でア
ク抜きしてフラボノイド類の摂取を心がけると良いで
しょう。
フラボノイド類類の1日の摂取基準
 ・成人男性 -
・成人女性 -
 
どくだみ黒酢
栄養素の働きと効果
ビタミンの効果
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンB
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB
ビオチン
葉酸
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
ビタミン様物質の効果
アルファリポ酸(αリポ酸)
イノシトール
カルニチン
コエンザイムQ10
コリン
パラアミノ安息香酸
ビタミンP
ビタミンU
ミネラルの働きの効果
亜鉛
カリウム
カルシウム
セレン
ナトリウム
フッ素
マグネシウム
マンガン
ヨウ素
リン
機能性成分の効果
アスタキサンチン
アミノ酸
アルギニン
アントシアニン
硫黄化合物
イソフラボン類
オリゴ糖
オルニチン
カカオポリフェノール
カテキン類
カプサイシン
カプサンチン
カルコン
カロテン
キトサン
ギャバ
クエン酸
グリシン
グルコサミン
クロロゲン酸
ケルセチン
コラーゲン
コンドロイチン硫酸
サポニン
ゼアキサンチン
セサミン
食物繊維
テアニン
ナットウキナーゼ
ビフィズス菌
フェルラ酸
フコイダン
フコキサンチン
フラボノイド類
β‐クリプトキサンチン
β‐グルカン
ポリフェノール類
リグナン
リコピン
リジン
ルチン
ルテイン
レシチン
ロズマリン酸