野菜・フルーツジュースを栄養と効果で選ぶ簡単ジュースレシピ集です。 野菜&フルーツジュース Vegetable juice and Fruit juice
新鮮な野菜とフルーツには、天然のビタミンやミネラル、機能性栄養成分が豊富に含まれています。病気の予防効果や美容、ダイエットなどのサプリメント代わりに美味しくて健康的な野菜ジュースを手作りして健康維持に努めましょう♪ 市販のミキサーで作るおすすめの野菜ジュースレシピを紹介しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

/ミキサーで超簡単!人気の手作りジュースレシピ

柿ブロッコリージュース/ 加齢臭予防・対策
加齢臭予防・対策 柿胡麻ジュース ジュースの材料
柿  50g 
ブロッコリー 20g
ごま  大さじ1杯 
グレープフルーツ 130ml
ジュースの作り方
【ジュースレシピ】作り方のポイント!
1、柿の皮を剥き、種を取り除きます。
2、ブロッコリーを洗い、3~4cmほどに切ります。
3、材料をジュースミキサーにかけます。
※グレープフルーツ果汁は生のグレープフルーツを搾って作った方がビタミンやミネラルがはるかに豊富です。
※野菜ジュース用には、新鮮なブロッコリー(野菜)を使いましょう。
※渋柿の場合は渋抜きし、甘くなった柿をミキサーにかけてジュースにしてください。渋の抜けていない渋柿のジュースは飲めたものではありません。罰ゲーム用には良いかも知れませんが・・・。
※この野菜ジュースは二日酔い対策としてもとても効果があります。二日酔いを予防するために飲む前に摂取しておくとつらい二日酔いを軽減できます。
 
 柿の渋み成分のタンニンにはアルコールを分解する働き・効果があり、柿に豊富に含まれているカリウムには利尿効果があります。そのため、二日酔いの際に柿ジュースを飲むと二日酔い対策として効果を発揮します。

 加齢臭対策に効果的なビタミンやミネラルがたっぷり含まれた野菜ジュースを天然のサプリメントとして摂取して加齢臭の予防に努めましょう。
食生活や食事内容を改善して加齢臭の原因を解消することが何より大切です。

※柿のジュースは豊富なタンニンが含まれているので妊娠中の妊婦さんや貧血気味の女性は食事の前後を避けるとよいでしょう。他の健康的な人は特別気にしなくて構いません。

矢印のマーク柿ジュースの栄養分の特徴と健康に対する効能効果
  1. タンニン
    ・血圧の上昇を抑える効能効果
    ・アルコールを分解する効能効果
  2. ビタミンC
    ・コラーゲンの生成を促進
    ・免疫力する強化
    ・ストレスの緩和効果
    ビタンミンCの健康情報の詳細へ
  3. β-クリプトサンチン
    ・カロテンの一種でカロテンの5倍のガン予防効果がある。
加齢臭予防・対策に効果的な栄養素
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、胡麻リグナン
 
 赤ピーマン柿ジュース/乾燥肌対策
乾燥肌対策 柿ピーマンジュース ジュースの材料
赤ピーマン  50g 
柿  50g
豆乳又は牛乳 100ml 
 
ジュースの作り方
【ジュースレシピ】作り方のポイント!
1、柿の皮を剥き、種を取り除きます。
2、赤ピーマンを洗い、2~3cmほどに切ります。
3、材料をジュースミキサーにかけます。
※赤ピーマンの代わりにパプリカを使っても良いでしょう。
※野菜ジュース用には、新鮮な野菜を使用しましょう。
 
 柿の渋み成分のタンニンにはアルコールを分解する働き・効果があり、柿に豊富に含まれているカリウムには利尿効果があります。そのため、二日酔いの際に柿ジュースを飲むと二日酔い対策として効果を発揮します。

 乾燥肌対策に効果的なビタミンやミネラルがたっぷり含まれた野菜ジュースを天然のサプリメントとして摂取して乾燥肌のスキンケアに努めましょう。
食生活や食事内容を改善して肌荒れを予防することが何より大切です。

乾燥肌対策には保湿効果がある栄養素
ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンE、ビタミンC
 
 柿アボカドジュース/高血圧の予防
 高血圧の予防 柿アボカドジュース ジュースの材料
柿   50g 
アボカド 50g
牛乳又は豆乳 100ml 
ジュースの作り方
【ジュースレシピ】作り方のポイント!
1、柿は種を除いておきましょう。
2、アボカドの果肉部分を取り出しておきます。
3、材料をジュースミキサーにかけます。
 
 柿の渋み成分のタンニンにはアルコールを分解する働き・効果があり、柿に豊富に含まれているカリウムには利尿効果があります。そのため、二日酔いの際に柿ジュースを飲むと二日酔い対策として効果を発揮します。

高血圧の予防に効果的なビタミンやミネラルがたっぷり含まれた野菜ジュースを天然のサプリメントとして摂取して健康管理に努めましょう。
食生活や食事内容を改善して病気を予防することが何より大切です。

高血圧の予防に効果的な栄養素と食品
ビタミンC、カリウム、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、ナイアシン、食物繊維、DHA、EPA、フラボノイド類、ルチン

矢印 柿の主要な栄養成分と効果効能

  • ビタミンC
    みかんやなどの柑橘類の約2倍のビタミンCを含有しています。酸っぱくないけどビタミンCはとても豊富です。
    ・コラーゲンの生成を促進
    ・免疫力する強化
    ・ストレスの緩和効果
    ・風邪の予防や二日酔い対策、その他多数
    ビタンミンCの健康情報の詳細へ
  • タンニン/柿の渋みの成分
    血圧の上昇を抑える作用やアルコールを分解する働きがあります。
  • ビタミンA(β-カロテン)/柿色の色素成分
    β-クリプトサンチンはβ-カロテンの一種でβ-カロテンの約5倍の抗がん作用があるといわれています。
  • アストラガリン
    アレルギー反応を抑制したり軽減する効果がある。そのため、花粉症対策やアレルギー対策で食用されることがある。

※柿は薬ではありませんが、柿が赤くなると医者が青くなるのような諺・ことわざにもあるように、とても健康に良い果物として食べ続けられています。日本古来の果物を見直してみましょう。また、人々が柿を食べて健康になれば、膨らむ国の医療費を抑える効果があるでしょう。

柿の食品や料理、柿の利用法
・柿の葉茶(お茶)
柿の葉茶に含まれるポリフェノールの一種のアストロガリンはアレルギーを抑制する効果がある。花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー対策として期待されている。
・柿のケーキ
・柿ジャム
・柿のサラダ
・柿のタルト
・柿羊羹
・柿酢(酢の原料)
・柿の葉寿司(柿の葉を利用)
・柿の葉茶(柿の葉を利用)
 
柿の葉茶なら国産無農薬 スポンサードリンク
薬草の産地徳島よりお届け!本物の純粋柿の葉茶を製造販売
www.satoyamaya.com
どくだみ黒酢
野菜・フルーツ・材料名で検索するジュース 素材で選ぶジュース
ア行
アーモンド アーモンド
アシタバ アシタバ・明日葉
アスパラガス アスパラガス
アボカド アボカド
アロエ アロエ
イチゴ イチゴ・苺
イチジク イチジク・無花果
梅干 ウメボシ・梅干
枝豆 エダマメ・枝豆
オクラ オクラ
オリゴ糖
オレンジ オレンジ
カ行
柿 カキ・柿
カブ カブ
カボチャ カボチャ
カリフラワー カリフラワー
寒天 カンテン・寒天
キウイフルーツ キウィフルーツ
きな粉 キナコ・きな粉
キャベツ キャベツ
牛乳 ギュウニュウ・牛乳
キュウリ キュウリ
クルミ クルミ・胡桃
グレープフルーツ グレープフルーツ
黒酢 クロズ・黒酢
ゴーヤ ゴーヤ・ニガウリ
ココア ココア
ゴボウ ゴボウ
小松菜 コマツナ・小松菜
ごま ゴマ・胡麻
サ行
桜えび サクラエビ・桜えび
ザクロ ザクロ・ざくろ
酒粕 サケカス・酒粕
椎茸 シイタケ・椎茸
紫蘇 シソ・紫蘇
春菊 シュンギク・春菊
ショウガ ショウガ・生姜
セロリ セロリ
タ行
大根 ダイコン・大根
タマネギ タマネギ・玉ねぎ
トウガラシ トウガラシ・唐辛子
豆乳 トウニュウ・豆乳
トマト トマト
ナ行
納豆 ナットウ・納豆
菜の花 ナノハナ・菜の花
煮干し ニボシ・煮干し
ニラ ニラ
人参 ニンジン・人参
にんにく ニンニク・にんにく
海苔 ノリ・海苔
ハ行
パイナップル パイナップル
蜂蜜 ハチミツ・蜂蜜
バナナ バナナ
パパイヤ パパイヤ
ピーナッツ ピーナッツ
ピーマン ピーマン
ヒジキ ヒジキ・ひじき
ブルーベリー ブルーベリー
プルーン プルーン
ブロッコリー ブロッコリー
ほうれん草 ホウレンソウ
マ行
マンゴー マンゴー
ミカン ミカン
メロン メロン
モズク・もずく
桃 モモ・桃
モロヘイヤ モロヘイヤ
ヤ行
ヤーコン ヤーコン
ヤマイモ ヤマイモ・山芋
ユズ ユズ・柚子
ヨーグルト
ラ行
緑茶 リョクチャ・緑茶
りんご リンゴ・林檎
林檎酢 リンゴス・りんご酢
レタス レタス
レモン レモン
レンコン レンコン
ワ行
ワカメ ワカメ・若布