野菜・フルーツジュースを栄養と効果で選ぶ簡単ジュースレシピ集です。 野菜&フルーツジュース
新鮮な野菜とフルーツには、天然のビタミンやミネラル、機能性栄養成分が豊富に含まれています。病気の予防効果や美容、ダイエットなどのサプリメント代わりに美味しくて健康的な野菜ジュースを手作りして健康維持に努めましょう♪ 市販のミキサーで作るおすすめの野菜ジュースレシピを紹介しています。
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
栄養素の働きと効果
ビタミンの効果
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンB
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB
ビオチン
葉酸
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
ビタミン様物質の効果
アルファリポ酸(αリポ酸)
イノシトール
カルニチン
コエンザイムQ10
コリン
パラアミノ安息香酸
ビタミンP
ビタミンU
ミネラルの働きの効果
亜鉛
カリウム
カルシウム
セレン
ナトリウム
フッ素
マグネシウム
マンガン
ヨウ素
リン
機能性成分の効果
アスタキサンチン
アミノ酸
アルギニン
アントシアニン
硫黄化合物
イソフラボン類
オリゴ糖
オルニチン
カカオポリフェノール
カテキン類
カプサイシン
カプサンチン
カルコン
カロテン
キトサン
ギャバ
クエン酸
グリシン
グルコサミン
クロロゲン酸
ケルセチン
コラーゲン
コンドロイチン硫酸
サポニン
ゼアキサンチン
セサミン
食物繊維
テアニン
ナットウキナーゼ
ビフィズス菌
フェルラ酸
フコイダン
フコキサンチン
フラボノイド類
β‐クリプトキサンチン
β‐グルカン
ポリフェノール類
リグナン
リコピン
リジン
ルチン
ルテイン
レシチン
ロズマリン酸
食物繊維の健康情報とジュース素材情報
食物繊維の働きと効果
 ・便秘を予防・解消する効果
 ・大腸がんを予防する効果
 ・腸内の有害物質を排出する働き(デトックス効果)
 ・ビフィズス菌の働きを活性化する効果
 ・血圧を下げる効果
 ・血糖値の急激な上昇を防ぐ効果
           
食物繊維が不足すると
 ・便秘になる
 ・大腸がんになるリスクが高まる
 ・動脈硬化になりやすくなる
 ・肥満や糖尿病のリスクが高まる
      
食物繊維の過剰摂取による副作用
 ・多量に食べるとお腹が緩くなる場合がある
 ・ビタミンやミネラルの吸収を阻害する
 ※食品から摂取するのであれば問題ない
 
食物繊維はこんな人におすすめ
 ・大腸がんを予防したい人
 ・便秘を予防・解消したい人
 ・生活習慣病を予防したい人
 ・肥満を解消したい人
 ・高血圧を予防したい人
             
食物繊維を多く含む食材(野菜、果物、食品など)
 ・食物繊維を多く含む野菜、果物、食品など
  ブロッコリー、菜の花、ごぼう、紫蘇、グリーンピース、
  パセリ、モロヘイヤ、ニンニク、芽キャベツ、かぼちゃ、
  ほうれん草、えのき茸、椎茸、しめじ
              
食物繊維の上手な摂取方法
 ・野菜に豊富に含まれているので野菜を中心とした
  食生活にすると良い。
 
食物繊維の1日の摂取基準
 ・成人男性 15〜25gRE
 ・成人女性 15〜25gRE