野菜・フルーツジュースを栄養と効果で選ぶ簡単ジュースレシピ集です。 野菜&フルーツジュース
新鮮な野菜とフルーツには、天然のビタミンやミネラル、機能性栄養成分が豊富に含まれています。病気の予防効果や美容、ダイエットなどのサプリメント代わりに美味しくて健康的な野菜ジュースを手作りして健康維持に努めましょう♪ 市販のミキサーで作るおすすめの野菜ジュースレシピを紹介しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンA/ミキサーで超簡単!人気の手作りジュースレシピ

ビタミンAの健康情報とジュース素材情報
ビタミンAの働きと効果
 ・皮膚やのど、鼻、肺などの粘膜を健康に保つ働き
・目の視覚機能(視力)の健康を保つ働き
・聴覚や味覚の健康を保つ働き
・成長、発育を促進する働き
・免疫機能を維持する働き
・発ガン抑制作用があり癌(ガン)を予防する働き
・ビタミンAの前駆体であるβ‐カロテンはプロビタミン
Aと呼ばれ、体内でビタミンAに変わるが、β‐カロテ
ンには抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化などの
病気を予防する。
ビタミンAが不足すると(欠乏症)
 ・夜盲症の症状が起こるリスクがある
・視力低下の原因になる
・ドライアイの原因になる
・乾燥肌や肌荒れの原因
・子供の成長障害
・免疫力の低下が低下し風邪や肺炎などの感染症に
かかりやすくなる。
ビタミンA(レチノール)の過剰摂取による副作用
 ・頭痛
・嘔吐
・骨障害
・脂肪肝
・妊娠中の妊婦さんが過剰に摂取されると胎児の奇
形(先天異常)の原因になったり、流産しやすくなる。

※野菜などの食べ物でβ‐カロテンで摂取すれば過
剰症の心配はない。サプリメントなどで許容上限摂
取量を超えて摂取すると過剰症になる恐れがある。
ビタミンAはこんな人におすすめ
 ・目の健康を保ちたい人
・ドライアイを予防・改善したい人
・肌荒れを改善したい人
・ガンの予防をしたい人
・動脈硬化などの生活習慣病を予防したい人
・風邪にかかりやすい人
ビタミンAを多く含む食材(野菜、果物、食品など)
 ・ビタミンA(β‐カロテン)が豊富な野菜 
にんじん、かぼちゃ、ピーマン、春菊、ほうれん草、
紫蘇、モロヘイヤ、あしたば、大根の葉、ニラなど

・ビタミンA(β‐カロテン)が豊富な果物
アンズ、パッションフルーツ、すいか、マンゴー、びわ、
プルーン、ぐみ、みかん、柿など

・ビタミンA(レチノール)が豊富な食品
魚や肉のレバー、うなぎ、ほたるいか、銀ダラ、卵黄
あなご、魚介類の佃煮、バターなど  
ビタミンAの上手な摂取方法
 ・β‐カロテンは脂溶性なので油を使って食材を調理
すると吸収率が高まります。
ビタミンAの1日の摂取基準
 ・成人男性 650~750μgRE
・成人女性 550~600μgRE
※摂取上限量は3,000μgREです。
 
どくだみ黒酢
栄養素の働きと効果
ビタミンの効果
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンB
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB
ビオチン
葉酸
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
ビタミン様物質の効果
アルファリポ酸(αリポ酸)
イノシトール
カルニチン
コエンザイムQ10
コリン
パラアミノ安息香酸
ビタミンP
ビタミンU
ミネラルの働きの効果
亜鉛
カリウム
カルシウム
セレン
ナトリウム
フッ素
マグネシウム
マンガン
ヨウ素
リン
機能性成分の効果
アスタキサンチン
アミノ酸
アルギニン
アントシアニン
硫黄化合物
イソフラボン類
オリゴ糖
オルニチン
カカオポリフェノール
カテキン類
カプサイシン
カプサンチン
カルコン
カロテン
キトサン
ギャバ
クエン酸
グリシン
グルコサミン
クロロゲン酸
ケルセチン
コラーゲン
コンドロイチン硫酸
サポニン
ゼアキサンチン
セサミン
食物繊維
テアニン
ナットウキナーゼ
ビフィズス菌
フェルラ酸
フコイダン
フコキサンチン
フラボノイド類
β‐クリプトキサンチン
β‐グルカン
ポリフェノール類
リグナン
リコピン
リジン
ルチン
ルテイン
レシチン
ロズマリン酸